KYメディア

空気読めない管理人による自分メディア(お金、節約、投資、DIY、写真、挑戦、etc.)

料理

ミラクルフルーツが本当にミラクルなフルーツなのか確かめるために食べてみた

投稿日:2015年3月7日 更新日:

みなさま、こん○○わ!管理人です。

以前ドリアンの回でも申しましたが。

果物の王様と言われるドリアンが本当に果物の王様か確かめるため実際に食べてみた

わたくし、実はかなりの果物好きでして。

毎食、毎食、欠かさずに果物を食べるくらいの果物好きでございます。

そんなわたくしにもまだまだ食べたことのない果物が世界中にはありまして。

今回、とあるスーパーにて偶然遭遇してしまいました。

偶然遭遇してしまいましたとも。

その名もミラクルフルーツ。

あの、一度口にすると、その後しばらく酸っぱいはずのものが

何故か甘く感じてしまうという、ミラクルなフルーツです!


ミラクルフルーツとその説明書と実験用レモン

とりあえず、ミラクルフルーツを口の中に入れて、

舌の上でしばらく転がしてみます。

うん、この時点では特にミラクルらしさは感じません。

説明書にあった通り、1分くらい舌の上で転がして遊びます。

さあ、実験です。

まずは定番のレモンです。酸っぱいの代表格のレモンです。

レモンを恐る恐る口に頬張ると…。

………

やっぱりまだちょっと酸っぱさは残っていますがwww、

確かに甘くなりました!

問題なく食べられるくらいには甘くなりました!

普通のレモンが「何これ酸っぱ!こりゃ食えん!」だとすると、

ミラクルなレモンは「甘酸っぱくて美味しい!」に変身しました!

いや~、面白いです。

さすがミラクルなフルーツです。

さて、説明書に、プレーンヨーグルトもいける風なことが買いてあります。

管理人は頭が悪いので、ハテ?

何故にプレーンフルーツなぞおすすめするのだろう?

と訝しがっておりましたが。

折角なのでおすすめされたプレーンヨーグルトも試してみることにしました。


用意したヨーグルト with チアシード

流行りに乗って、プレーンヨーグルトにはチアシードもトッピングしてみましたが、

単純に流行りに乗っただけですので特に意味はありませんw。

紛らわしくて申し訳ありません。

既に口の中はミラクルになっている管理人。

ひと口プレーンヨーグルトを食べてみます。

えっ、プレーンヨーグルトなのに、加糖ヨーグルトのように甘い!

甘~~~~~い!(スピードワゴン風)

レモンよりもプレーンヨーグルトのほうが、

管理人のツボにハマりました。

うーん、これは美味しい…。It’s a miracle!

流行りに乗って入れただけのチアシードも、

プチプチした食感がいい味出してくれて

ヨーグルトがさらに美味しくなっています。

ミラクル+ヨーグルトは是非とも試して頂きたい案件です。

という訳で、ミラクルフルーツが本当にミラクルなフルーツなのか

確かめるために食べてみましたが、

ミラクルフルーツは本当にミラクルなフルーツでありました。

以上です。

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

小松菜を生のまま冷凍してお浸しにしてみた

元ネタはためしてガッテンだったと思うのですが、頭が悪いので忘れてしまいました…が、とにかく、小松菜は茹でてお浸しにするよりも、冷凍したほうが味も良いし栄養もお湯に流れないし、良いことずくし、という話し …

no image

手羽先を骨抜きにしようと思ったら骨抜きを骨抜きにされたけど美味しかった

みなさま、こん○○は!管理人です。 随分昔になりますが、ためしてガッテンで手羽先をやってましたね! こちらです、こちら。 ためしてガッテン>今こそ!おうち手羽先 簡単プロ味実現の奥義 http://w …

no image

熟成肉を作って食べてみた

みなさま、こん○○は!管理人です。 1年以上前になりますが、RocketNews24にこんな記事がありまして。 【レシピ】ニューヨークで食べた高級ステーキが激ウマだった → 自宅で作ってみた → 完全 …

no image

カラー卵を作る 黄色編 後編

温泉の間に割り込んで済みません。 カラー卵を作る 黄色編の後編をお送り致します。 前回、玉ねぎの皮が怪しいんじゃないかと思ったわたくし、 玉ねぎの皮だけと、卵を一緒に茹でてみることにしました。 本日の …

no image

カラー卵を作る 黄色編 前編

とある冬の寒い日のこと。 サウザンドレッシングを作るために、横着な私は、玉ねぎと卵を一緒に茹でていました。 玉ねぎは電子レンジでチン!でも良かったのですが、とにかく、その日の私は横着心でいっぱいでした …