KYメディア

空気読めない管理人による自分メディア(お金、節約、投資、DIY、写真、挑戦、etc.)

料理

魚の唇が美味しいかどうか確かめてみた

投稿日:2012年7月26日 更新日:

先月、Googleニュースをつらつらと見ていると、とある記事に目が留まりました。

デイリーポータルZに投稿されていた記事なのですが、

「魚の唇が美味しいって本当?」

という魅惑的なタイトルがつけられており、

幼い頃に父から聞いた話だが、
「魚の一番美味しい箇所は目の下。次が唇」
なのだそうだ。

目の下はなんとなく分かるが、唇となると理解が及ばない。本当だろうか。

と話が続いていくのです。

そして、アジの唇から始まり、鯛、金目鯛の唇の実食と続く、とても魅力的なレポートで、

こ、これはためしてガットンせねば!と思わずにはいられませんでした。

デイリーポータルZ:魚の唇が美味しいって本当?
http://portal.nifty.com/kiji/120616156044_1.htm

それから、ず~っと魚の唇を食べる機会を狙っていたのですが、

先日、ついにその時が訪れました!

仕入れた物はこれです、これ。


真鯛のお頭(100円)

真鯛のお頭(半分にかち割られた物)が100円って、お頭って結構お買い得なんですね。

お頭以外に、申し訳程度に、背骨の部分が2切れほど入っていましたが、

こちらはお味噌汁のだしに使ってみました。

丁寧にあくを取ってお味噌汁にしたら、これが美味しい!

煮干だしより鯛で取っただしのほうが美味しいんですね~。

ちょっと得した気分です。

話が少し逸れてしまいましたが、真鯛のお頭に話しを戻します。

お頭は、やっぱり煮付けがいいかなと思いまして、

真鯛のお頭を鍋に入れ、

酒、しょうゆ、みりんを各大さじ2、それから砂糖小さじ2、水ひたひた、しょうがスライス少々を加えます。

あとは水から真鯛のお頭を10分弱煮ればあっという間にできあがり!

なかなか美味しそうに煮上がりました。


真鯛のお頭をグツグツ煮込み中(写真には写ってませんが、煮てる時は落し蓋をしていました)


真鯛のお頭の煮付け

さて、今回は何といっても「唇」がメインディッシュ!?です。

まず、唇をはずしてみます。


真鯛の唇

お箸でつまんで持ち上げると、結構、簡単にはずれます。

ただ、唇をはずしてしまうと、その下に隠れていた歯が出てきて、ちょっと怖いです。

意外と立派な歯をお持ちなのですね、真鯛さんって。

真鯛の唇と言えどもあまり大きくはないので、しっかり味わってみます。

目の下の次に美味しいと言い張る!?魚の唇、

ゆっくりかみ締めてみると…。

うん、確かに、わらび餅っぽい味がします。

でも、これ、生暖かいんですよ。

生暖かいわらび餅って、美味しい…んでしょうか?

生暖かいわらび餅って、美味しいんでしょうかったら!!!

ちなみに、私、わらび餅は大好きです。

冷蔵庫でキュンと冷やして食べるのが好きです。

この辺りで、ためしてガッテンの、山瀬まみの「美味しい~」に騙された感が、

ふつふつと沸いてきました(笑)。

ええ、山瀬まみの美味しい~に、かつて何度も騙されていますが何か?

わかっています、彼女はそれがお仕事なのです。わかっていますとも!

それにしても、このデイリーポータルZの著者さん、

美味しそうに思わせる文章力、ありすぎです。

山瀬まみよりも一枚上手です。

魚の唇が、思ったほどには美味しくなかったことに気落ちしつつ、

真鯛のお頭の食べる部位はまだ沢山残っていますので、

これを食べ進めることにしました。

お父さん曰く、1番美味しいという目の下。

もはやまったく信じられませんが(笑)、

目の下が美味しいというのは良く聞く話ではありますので、

丁寧に目の下の皮をめくってみました。


真鯛のお頭の目の下

目の下の身が白日の下のさらされた真鯛さん…、怖すぎです(笑)。

何ですか、このエイリアンは。

唇をはずしてしまった相乗効果で、完全にモンスター状態です。

気を取り直しまして。真鯛の目の下の身を頂きます。

ん? これ、普通に美味しゅうございます~。

その後も、後頭部、エラの後ろと、真鯛の身を求めて、

お頭のあらゆる部位を大解体。解体工事です。

真鯛のお頭の身は、どれもとっても美味しゅうございました~。

これが100円って、超お買い得かもしれません。

結局のところ。

身も蓋もない話ですが、

魚の唇より、普通に身のほうが美味しいという結論に達しました(笑)。

魚の唇は不味いという訳ではないのですが、とりたてて美味しい訳でもなく、

食べても食べなくてもいい部位ですね、これは。

目の下の身が美味しいということが普及したことと、

唇が美味しいということが普及しなかったこと。

これは、素直に美味しさの差だったのだろうと、

今となっては思います。

それにしても…。

人間って、何でも食べているものですね。

先人達のバイタリティに感心しつつ、

魚の唇はそれほど美味しいものではなかった、

ということで、レポートは以上です。

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

no image

ウマすぎ注意に注意!?炊飯器でローストビーフを作る超簡単「真空調理法」を試してみた

みなさま、こん○○わ、管理人です。 ちょっと前にこの記事を見かけまして。 Pouch>【ウマすぎ注意】炊飯器で作るローストビーフが最高に美味しい!肉汁を逃さず調理できる超簡単「真空調理法」 http: …

no image

手羽先を骨抜きにしようと思ったら骨抜きを骨抜きにされたけど美味しかった

みなさま、こん○○は!管理人です。 随分昔になりますが、ためしてガッテンで手羽先をやってましたね! こちらです、こちら。 ためしてガッテン>今こそ!おうち手羽先 簡単プロ味実現の奥義 http://w …

no image

カラー卵を作る 黄色編 後編

温泉の間に割り込んで済みません。 カラー卵を作る 黄色編の後編をお送り致します。 前回、玉ねぎの皮が怪しいんじゃないかと思ったわたくし、 玉ねぎの皮だけと、卵を一緒に茹でてみることにしました。 本日の …

no image

コイン精米機で玄米を精米してみた

みなさま、こん○○わ!管理人です。 わたくしはこう見えても結構健康にはうるさいほうでして。 お米なども白米に雑穀を混ぜたり、 白米の替わりに玄米を食べたりなどしております。 そんな訳で、我が家には常に …

no image

カラー卵を作る 黄色編 前編

とある冬の寒い日のこと。 サウザンドレッシングを作るために、横着な私は、玉ねぎと卵を一緒に茹でていました。 玉ねぎは電子レンジでチン!でも良かったのですが、とにかく、その日の私は横着心でいっぱいでした …